【ブリアン】は粉タイプの歯磨き粉!使い勝手が市販品と違うので要注意

「ブリアン」歯磨き粉の使用上の注意点 - 粉タイプの歯磨き粉

市販の歯磨き粉とは違う粉タイプで使い勝手が違う【ブリアン】歯磨き粉

一般に虫歯予防成分といえばフッ素を思い浮かべる人が多いと思います。
実際に多くの市販の歯磨き粉にフッ素が配合されています。

 

しかし一方で、フッ素は体に毒であるという学説もあります。
どちらが正しいかははっきり分かっていませんが、小さな子どもを持つお父さんお母さんとしては、多少でも危険性のある成分を子どもの口の中に入れたくはないかと思います。

 

そこで今「ブリアン」という子ども向け歯磨き粉が注目されています。
ブリアンの特徴は、発泡剤や界面活性剤などの不必要な化学成分を使用せず、虫歯予防にはフッ素の代わりにブリス菌「ブリスM18」という善玉菌を使用していることです。

ブリス菌「ブリスM18」配合の歯磨き粉は注目大!

ブリスM18は、ニュージーランドで虫歯になりづらい子どもたちを研究している過程で発見された成分です。
口の中で善玉菌として働き、虫歯のもとになる菌の活動を抑制します。

 

この成分を配合した歯磨き粉は世界で前例がなく、歯科界から注目されています。
実際にブリアンを使った親の間でも、予防効果や安全性の効果が高く評価されています。

粉タイプの歯磨き粉を使う上での注意点

市販の歯磨き粉とは違う粉タイプで使い勝手が違う【ブリアン】歯磨き粉

ここで、ブリアンを使用するときの注意点をいくつか挙げます。
まず、従来の歯磨き粉と異なり、粉タイプになっています。

 

これは、ペースト状にすると善玉菌が死滅して生存できないからです。

粉タイプの利点

ブリアンは非常に細かい粒子であることが挙げられます。
そのため、歯と歯の間や、奥歯の奥のほう、歯茎の間など歯ブラシが届きにくい箇所にも粒子が届きます。
口のなか全体に粒子が届き、歯垢を取り除くことで虫歯を防いでくれるのです。

 

特に乳幼児には、お母さんの指にガーゼを巻いてブリアンを付けて磨いてあげると、より効果的です。
また、最後に口をすすぐ必要がないので、うがいのできないお子さんでも安心して使うことができます。

粉タイプのブリアンは歯ブラシにつけるとき注意が必要!

ただし、粉タイプだと歯ブラシにつけにくいので、使うときに工夫が必要です。
ブリアンを使用する分だけ容器に移し、水で濡らした歯ブラシを粉につけると、うまくいきます。

 

次に、子どもが自分で歯磨きした後は、磨き残しを防ぐために親が仕上げ磨きをしてあげる必要があります。磨き残しがあるとそこに虫歯菌が繁殖したり、歯周病や着色の原因になってしまうからです。

 

一度虫歯になってしまったら、治すのに時間もお金もかかってしまいます。
特に子どもにとっては、歯医者での治療は恐怖でもあるでしょう。
子どもの歯を健康に保つために、安全な成分で虫歯を予防できるブリアンを使用してみてはいかがでしょうか。

 

▼60日間返金保証付きなので安心して始められます▼

>>子供歯磨き新常識【ブリアン】の詳細はこちら<<